イベント

長岡花火2022の混雑状況は?新幹線で帰る際の混雑回避3つの方法!

3年ぶりの開催が決まった長岡花火大会(長岡まつり大花火大会)

毎年8月2日、3日に開催されるこの長岡花火大会は、戦没者への慰霊と戦後の復興への感謝、世界へ平和のメッセージを発信することを目的に開催されています。

2022年は8月2日(火)と3日(水)です。

日本3大花火ともいわれるこの長岡花火大会ですが、行きたいけど混雑状況が心配…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、例年の混雑状況を踏まえて、新幹線で帰る際の混雑回避方法をご紹介します。

▽この記事で分かること▽

  • 長岡花火大会混雑状況
  • 長岡花火大会から新幹線で帰る時の混雑回避3つの方法

やっぱりで行こう!という方はこちら↓予約は7/21〜

長岡花火2022駐車場の予約方法!穴場の駐車場は悠久山公園!?

 

長岡花火大会混雑状況

例年、各日程とも約50万人の方が訪れ、2日間で100万人もの方が見に行くとされる長岡花火大会です。

そのため、会場や街中だけでなく、道路や新幹線などの交通機関も大混雑という状況です。

長岡花火大会2022は、感染対策がどこまで取られるのか詳細はまだわかっていませんが、例年並みの混雑は覚悟しておいた方がよさそうです。

開催中の混雑も去ることながら、帰りがさらに大混雑…

駅で道路で大渋滞というのが大きな花火大会後の様子です。

そこで、以下では『新幹線で帰る際の混雑回避方法』をご紹介していきますので、ご参考にされてください。

公式Twitterでは

当日の交通情報や会場までの混雑状況会場の様子等の最新情報が確認できますので、フォローしておくことをおすすめします。

公式 Twitter→https://twitter.com/NgFes08020803

新幹線で帰る際の混雑回避する3つの方法は?

新幹線で帰る際の主な混雑回避方法は以下の3つです。

  1. 花火大会終了の1時間前には会場から駅に向かう
  2. 新幹線の指定席を確保しておく(自由席は大混雑予想です)
  3. 長岡花火大会開催(長岡駅)付近のホテルを予約する

上越新幹線長岡駅〜長岡花火大会会場(桟敷席)までは通常で徒歩30分です。

以下で、混雑回避方法について詳しくご紹介します。

混雑回避方法①花火大会終了の1時間前には駅に向かう

混雑回避方法の1つ目は、花火大会終了のおよそ1時間前には駅に向かうです。

開催時間は19時20分~21時10頃です。

混雑状況に応じて、駅舎内やホームの入場規制がかかるそうです。

大手通りから駅までの道のりも各方面に帰る人たちの列で埋め尽くされるという情報もありますので、

会場から通常だと長岡駅まで30分ほどかかりますが、混雑により40〜50分はかかると思った方がいいでしょう。

なので、余裕を持って20:20には会場を出たいところですね。

最後までみたい!という気持ちは大いにありますが、ぐっと我慢して少し前に会場を後にすることで、少しでも混雑を回避することができます。

花火なので、時間帯が遅くなります。お子さん連れの方で日帰りの方には特にこの方法がおすすめです。

帰りの際、長岡駅への整列入場が実施されます。事前に整列するルートをご確認ください。こちら↓

https://nagaokamatsuri.com/img/access_station_Induction_2022.pdf

公式HPには

シャトルバス情報も出ています。チェックされてみてください。

https://nagaokamatsuri.com/img/nagaokahanabi2022_timetable_bus.pdf

 

混雑回避方法②花火大会終了後に駅に向かう※東京駅方面は最終新幹線時刻に注意!!

混雑回避方法の2つ目は、花火大会終了してから駅に向かうです。

開催時間は19時20分~21時10頃です。

ただ、これには条件があります。

それは、帰りの新幹線の指定席を必ず確保しておくこと!

新幹線の最終時刻に注意すること!です。

指定席を確保していないと大変なことになりますので、必ず確保しておきましょう。

終了してから一番混雑するのが21時〜22時の間です。

なので、この時間帯を避けて23時台の新幹線で帰ればいいか〜と思ったのですが、東京駅方面の場合は無理そうです…

上越新幹線(上り)東京行き

21:58発最終!!(2022年4月13日時点)

ekitanより

ということは、最後まで長岡花火大会を堪能してからだと、かなり急がないといけないという状況になりそうです…

混雑回避のために、あえて最後までゆっくりみてゆっくり駅に向かう方法をお伝えしたかったのですが、すみません。

しかし、

上越新幹線(下り)新潟行きの最終は、23:32分発なので、(下り)新潟行きをご利用の方はゆっくり見ることができますね。

JR信越本線の直江津方面・越後湯沢方面も23時台に電車があります。

帰りの際、長岡駅への整列入場が実施されます。事前に整列するルートをご確認ください。こちら↓

https://nagaokamatsuri.com/img/access_station_Induction_2022.pdf

 

混雑回避方法③会場周辺のホテルを予約する

混雑回避方法の3つ目は、会場周辺(駅周辺)のホテルを予約するです。

日程にもお金にも余裕がある方にはこちらの混雑回避方法がおすすめです。

ただ、ホテルの確保についても新幹線の予約同様、確実に取れるわけではありません。

駅周辺のホテルは、先行予約や抽選予約がある・ホテルによっては旅行会社に一括して販売しているなど、個人での予約はなかなか難しいのが現状です。

いくことが決まったら、早めの予約をおすすめします。

長岡花火大会2022の臨時電車はある?

長岡花火大会2022では、これまでの状況をみると、新幹線も在来線も臨時電車の運行があると言っていいと思います。

通常より本数が多く、新潟方面、直江津・越後湯沢方面共に最終列車は23時台まであります。

新幹線の通常予約は1ヶ月前からですが(えきねっとの場合は1ヶ月と1週間前の予約もある)、臨時電車はその後に発表がある場合が多いので、指定席が取れなくても、諦めずにチェックしてみてください。

まとめ

今回は、3年ぶりに開催が決まった長岡花火大会の混雑状況を踏まえ、新幹線で帰る時の混雑回避方法についてお伝えしてきました。

混雑回避方法は

  1. 長岡花火大会終了前20:20までには会場をでる
  2. 長岡花火大会終了後に会場をでる※東京方面の新幹線をご利用の方はおすすめできません…
  3. 長岡駅周辺のホテルを予約する

この3つをご紹介しました。

帰りの際、長岡駅への整列入場が実施されます。事前に整列するルートをご確認ください。こちら↓

https://nagaokamatsuri.com/img/access_station_Induction_2022.pdf 

長岡花火大会2022は、8月2日(火)と3日(水)の平日開催なので、休日開催よりは人出は多少少ないのかもしれませんが、新幹線やホテルをご利用の方は、とにかくお早めに予約されてくださいね。